THOUSANDS OF FREE BLOGGER TEMPLATES

lundi 24 mars 2008

吹雪 ― 夜明げ ― まるめろ

(Furigana optimized with IE)


吹雪(フギ)


小共等(ワラハド)

()ぐど寝でまれ


ほらア!

あれア白い(オウガメ)ア吼えで

()ケで()りてらンだド

まぎの(スマ)がら

死ンだ(ヂコ)(ババ) 睨めでるド


小共等(ワラハド)

()ぐど寝でまれ


***


吹雪


子供らよ

さっさと寝てしまいなさい


ほら!

あれは白い狼が吼えて

駆け回っているんだぞ

屋根裏部屋の隅から

死んだおじいさんとおばあさんが睨んでいるぞ


子供らよ

さっさと寝てしまいなさい


☆☆☆


夜明げ


立小便(タツシヨベ)(オド)母親(オガ)だべネ


濃霧(ガス)(ナガ)がら父親(オド)

(ウロゴ)だらけネなてもどて來たね


大漁だド!


***


夜明け


立小便の音がするが、あれは母さんだろうね


たちこめる霧のなかから父さんが

鱗だらけになって戻ってきたんだよ


大漁だぞ!



☆☆☆



まるめろ ―ふぢア死ぬ(ドギ)の夢―


枯草の中の細い(ケド)コ行たキア、泥濘(ガチャメギ)サまるめろア(オヅ)でだオン。死ンだ従兄(イドゴ)アそこで握飯(ニギリママ)ば食てだオン。まるめろバ(フラ)ウどもても如何(ナンボ)しても(フラ)えネンだもの……


ああ故郷(クニ)モいま(ユギ)ア降てるべなあ。


***


まるめろ ―ふちが死ぬときの夢―


枯草の間の細い道を行くと、泥の中にまるめろの実が落ちていたのです。死んだ従兄がそこで握り飯を食べていました。まるめろを拾おうとしても、どうしても拾えなかったのです……


ああ、国でも今は雪が降っているだろうなあ。